創立44年
本文へジャンプチベット文化研究会


その他のチベット関連情報

 
 ヒマラヤ・チベットの映画を見る会
2017年10月28日(土)14:50-18:00 懇親会20:00まで
「シュレスタ」大阪環状線桃谷駅前 06-6773-0802

⋆「チベット犬物語~金色のドージェ~」
 アニメスタジオ・マッドハウス制作、中国電影集団の合作アニメ。少年テンジンは草原
に住む医者の父を尋ね、羊の放牧をし、熊に襲われそうになってチベット犬に助けら
れる。広いチベット高原で繰り広げられる壮大な友情と勇気と生命の物語。     

*「秘境ヒマラヤ」
 1958年西北ネパール学術探検隊(川喜田二郎隊長)の記録映画、読売映画社制作。
カトマンズ、ポカラ、ジョムソン街道、トゥクチェ、ティジェラ越え、ムクトヒマール登山、
チベット人村ツァルカの放牧地、日常生活、修行僧の一日、キャラバン、一妻多夫、
麦の収穫、集会、鳥葬、仮面踊りなど。 1960年公開、上映時間 78分。       

★「秘境ヒマラヤ」は、今では見られない映像がたっぷり入っています。高山先生は、
西北ネパール学術探検隊の隊員でした。撮影場所は、チベットへ仏典を求めた
河口慧海のルートにもなり、映画「キャラバン」(原名ヒマラヤ)の舞台の場所でも
あります。Dolpoのツァルカという4200mのチベット人の村でフィールドワーク、住み
込み調査をされました。1958年といえば、ダライ・ラマがラサから脱出する前年に
なり、チベット社会が大きく変化する以前の本当に貴重な映像です。私は何度か
この村を訪れてますが、当時のポン教のお寺は移動し、お城のような家は増築さ
れ、行く度に変わっています。                               
仮面踊りに使用されていた物は、現在も村で保存されています。         

ご案内
国立民族学博物館のデータベースに入っていて、下記アドレスから見ることができます。
http://htq.minpaku.ac.jp/databases/nepal/

参加費  映画のみ無料(要・ワンドリンク注文500円)                     
懇親会参加の方は、4000円(ネパール創作料理&飲み放題付き)

開場                     14 : 30          
はじまりの挨拶(高山先生) 
「チベット犬物語」     15:00― 16:30      
休憩&ワンドリンク     16:30― 16:40     
「秘境ヒマラヤ」       16:40― 18:00     
懇親会
閉会              20:00          

参加ご希望の方は、メールorお電話を宜しくお願いいたします。
* ネパール創作料理店「シュレスタ」
06-6773-0802
http://shresthajapan.com/
 

 立正大学仏教学部 仏教文化公開講座
釈尊誕生の地ネパールと日本
日時  2017年10月13日(金)13:30~16:00            
会場  立正大学品川キャンパス石橋湛山記念講堂      
日程  第1部 13:30~14:00 御会式法要(日蓮聖人涅槃会)
    第2部 14:15~15:35                   
   1)「釈迦生誕地を詣でた日本人たち」           
元大阪工業大学教授 高山龍三
   2)「釈尊誕生の地のいま-ルンビニとティラウラコットに
おける近年の考古学調査―」
          立正大学法華経文化研究所特別所員 村上東俊
    1)「立正大学とネパールの交流について」         
               立正大学仏教学部専任講師 庄司史生         
    第3部 15:40~16:00 ネパール民族舞踊
備考  ① 立正大学所蔵河口慧海将来文献等の展示
石橋湛山記念講堂ホワイエにて
           ② 問い合わせ:〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16
                    立正大学仏教学部事務室公開講座係
           電話03(3492)8528
           FAX03(5487)3352
        E-Mail:bst@ris.ac.jp
    ホームページ:http://bukkyo.rissho.jp/
主催:立正大学仏教学部


 
 

 

2016年 終了講座 
 

     
『デルゲ印経院チベット木版仏画展』

          会 期:7月1日~8月20 日(火曜休館)
          会 場:南砺市立福光美術館  富山県南砺市法林寺2010
          入場料:一般500 円、高校大学生300 円
               ※ 7/1 講演:田中公明氏(本会副会長)

文化大革命の破壊を免れた東チベット・デルゲ印経院の木版仏画全145 点を一堂に展示。国内で全作品を所蔵するのは東京都の町田国際版画美術館と利賀村「瞑想の郷」の2館のみ。全作品を展示するのは日本ではじめてとなる。

                              
 
          「栗田 哲男 写真展」
     虫草・チベット・極限の標高5,000m 地帯で冬虫夏草を採る人々

        会 期  4 月27 日(木)~ 5 月16 日(火)
        会 場  キヤノンギャラリー福岡
                 福岡市博多区綱場町4-1 福岡RD ビル 1F

     冬虫夏草とは、非常に高価な漢方の高級生薬。その採取に励むチベット人一家の記録。
 
            ー黄檗宗大本山 萬福寺ー
        
萬福寺文華殿 春期特別展 (43)  まもなく終了

     黄檗山の名宝と河口慧海生誕152年記念・松本彰男寄贈資料記念展

    会   期 : 平成29年4月19日(水)~5月31日(水)
    開催時間 : 午前9時30分~午後5時 (入館受付は午後4時30分まで)
    協   力 : 岐阜眞聖寺、山内天真院、東林院
    休 館 日 : 毎週火曜日(5月30日は閉館)
    同時開催 : 仏教書フェア  ー京都・報音舎協賛ー

   講演会  演 題  『黄檗山と私』   
         講 師   随筆家 松本彰男氏
         日 時  5月16日(火) 午後1時30分より
         場 所  第一文華殿ホール           (要電話予約)
                     黄檗山萬福寺文華殿   0774-331199
                     (〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄三番割34)
 


     河口慧海生誕150年 講演会

  ○ 日  時  2016年12月17日(土)  13:30~15:30
  ○ 場  所  京都府宇治市  黄檗山萬福寺 第一文華殿
  ○ 参加費  1,000円(入観料を含む)

         -プログラム-
   13:00~  会場
   13:30~  あいさつ
   13:40~  講演1 田中智誠 和尚  「黄檗山萬福寺の紹介、お話」
   14:10~  講演2 高山龍三 先生  「旅日記にみる河口慧海」
   14:40~  講演3 稲葉香 先生    「慧海の歩いた道、ネパール・ドルポ」
   15:10~  質疑応答 事務連絡など
   15:30~  終了、撤収
           (問い合わせは日本ネパール協会関西支部へ)
 
 
 
河口慧海生誕150年記念事業堺市主催
 (終了しました)

 河口慧海は、仏教の原典を求めて日本人で初めてヒマラヤを越えて当時鎖国下のチベットに入った人物です。本年は、河口慧海(1866~1945)の生誕150年にあたり、生誕の地である堺で、慧海の人と事績、ひいては慧海を生んだ堺の地に焦点をあてた記念事業を開催します。

      ◎ 日 程
   平成28年10月26日(水)~12月4日(日)
      ◎ 会 場
 ○町家歴史館 清学院
      堺市堺区北旅籠町西1-3-13  TEL 072-228-1501
       10:00~17:00 / 100円 (80円)
 ○町家歴史館 山口家住宅
     堺市堺区錦之町東1-2-31 TEL 072-224-1155
       10:00~17:00 / 200円 (160円)
 ○堺市博物館
     堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 TEL 072-245-6201
        9:30~17:15 【休館日】 月曜日
     一般200円(160円)、高・大100円(70円)、小・中50円(30円)
      ※( )内は20名以上の団体料金

     ◎ 講演とシンポジウム
  2016年11月3日(木・祝)13:30~15:30
  講 演:奥山直司氏(高野山大学教授)・高山龍三氏
  パネルディスカッション:奥山直司氏、高山龍三氏、吉川和子氏
  会 場:さかい利晶の杜(堺区宿院町西2-1-1-)
  参加費:無料  定員:80名
  【申込】10/3(月)からTEL及びFAXで堺市文化財課へ事前申し込み(先着順)
  TEL:072-228-7198 FAX:072-228-7228

   映画 『ケサル大王』 『天空の大巡礼を行く』 の上映会

◎10月22日(土)14時『ケサル大王』 1000円(+One drink)
         23日(日)14時『ケサル大王初公開映像特集』1500円(+)
          両日2000円
 新宿曙橋 タシデレ(予約03ー6457−7255)
       https://www.facebook.com/tashidelektokyo/
      『チベット高原の片隅で』著者阿部治平氏の『ケサル大王』評を紹介します。
       現実http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-3262.html
   まだ、『ケサル大王』をご覧いただいてない方、もう一度見て見たいという
 方のために22日、監督納得?版でご覧いただきます。
  23日は様々なインパクトがあった玉樹の最新取材映像だけでなく、『ケサ
   ル大王』ではDVサイズのため使わなかった12年前、最初に取材した甘粛省
 マチェの美しくも何か切ないケサル生誕1000年式典、デルゲ郊外の山中
 の男だけの秘められたケサル父への祭典、2011年外国人入域禁止時の現地
 など初公開映像で『もう一つのケサル大王』をご覧にいれます。

◎10月29日(土) 14:00~   2500円(+One Drink) 追加しました
  会場 大阪スノーライオン
  内容 『ケサル大王』『まだまだあるケサル大王』の上映
      トーク   大谷寿一監督+スペシャルゲスト  司会 あぼともこ

◎11月5日(土) 19:30~      500円
  会場 長野県安曇野市穂高養生園
  内容 『ケサル大王』の上映
      トーク   大谷寿一監督  福田俊作園代表

映画 - 紹介    


ラサへの歩き方
  祈りの2400 Km
チベット。小さな村から聖地ラサ、そしてカイラス山へ、
はるか2400 Km を"五体投地" ではほ一年かけて歩く11人の村人の巡礼旅
公開予定
詳しく: http://moviola.jp/lhasa

 

              ≪終了しました≫
 講演会『最後の辺境- チベットのアルプスとその彼方』のブータン」 NEW 
日 時  2016年6月27日(月) 16:30 ~ 18:00
講 師  中村 保 ( 横断山脈研究会会長)
場 所  練馬区役所本庁20 階 交流会場
      (練馬区豊玉北6 丁目12 番1)
会 費  1500 円( 定員60 名)
予約 NPOチベット高原初等教育・建設基金会
   Tel03-5912-1232 Fax03-5912-1233
 講演会『最後の辺境- チベットのアルプスとその彼方』のブータン」 NEW 
日 時  2016年6月27日(月) 16:30 ~ 18:00
講 師  中村 保 ( 横断山脈研究会会長)
場 所  練馬区役所本庁20 階 交流会場
      (練馬区豊玉北6 丁目12 番1)
会 費  1500 円( 定員60 名)
予約 NPOチベット高原初等教育・建設基金会
   Tel03-5912-1232 Fax03-5912-1233
  Your Life is Not Your Own』   NEW 
写真展  By 野口 健吾

日 時  2016年4月23日(土) ~ 5月15日(日)
        11:00 ~ 19:00 月曜休館  入場無料
会 場  高架下スタジオSITE-A ギャラリー

★トークイベント 2016年4月30日 18:00~   無料
野口健吾 x 小森はるか + 瀬尾 夏実(アートデュオ)

主 催  認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター

釈迦生誕の地ルンビニにて未完成の日本寺で働く男の記憶を辿る新作<寺男>をはじめ、チベット亡命政府のあるダラムサラで撮影した焼身自殺と輪廻転生に関する映像インスタレーション、さまざまな文化・宗教をもつ者たちの瞑想を長時間露光した写真を展示。

詳しくはhttp://www.kengonoguchi.com

2015年 終了講座

講演会『変わりゆくラダックに暮らして』   終了 
日 時   2015年11月29日(日) 14:00~16:00
会 場   中央区/月島区民館(5号室) <中央区月島 2-8-11>
会 費   1,000円 (学生とラダック人500円)
話 者  池田悦子さん (ストック村在住)
主 催  カワカブ会(bakoyasi@gmail.com/代表:小林尚礼)

・案内チラシ http://www.k2.dion.ne.jp/~bako/IkedaEtsuko-san.pdf
・facebook紹介 https://www.facebook.com/events/1674770726094535/

 インド北部の山岳地帯ラダックに暮らす日本人女性をお迎えして講演会を開きます。現地に住んでいるからこそわかる真実を、伝統と近年の変化を織りまぜながら語っていただきます。
 どなたでも参加できますので、ご関心ある方ぜひお越しください。予約不要ですが、参加人数をご連絡いただけたら助かります。
         (連絡先bakoyasi@gmail.com )
講演会 『チベット医が語るラダックの魅力』   終了 
日 時  2015年8月29日(土) 14時~16時半
会 場  新宿歴史博物館/講堂 (新宿区三栄町22、四ツ谷駅から10分)
会 費  1,000円 (学生500円、留学生無料)
講 師  小川康氏(チベット医、「森のくすり塾」主宰)
主 催  カワカブ会  (bakoyasi@gmail.com)    
*紹介ページ
http://www.k2.dion.ne.jp/~bako/OGAWA%20Yasushi%20KOUENKAI.pdf

 チベット医学の専門家による講演会を開きます。講師の小川康さんは、チベット医学界から認定されたチベット医です。ラダックに近いダラムサラ(インド北部)でチベット医学大学に入り、10年にわたって修学しました。
 チベット系住民が多く暮らすラダックは、中国チベット自治区よりもチベットの伝統が息づいているといわれます。風土や植生がチベット本土に似て、伝統的なチベット医学が今も暮らしに根づく土地です。チベット医としての体験談とともに、小川さんから見たラダックの魅力を語っていただきます。

「春のブータン」旅の報告会   終了 
日 時  2015年4月19日(日)14:00~16:30
会 場  東京都江東区 豊洲文化センター第5会議室
     (有楽町 線豊洲駅下車徒歩2分)
      http://www.kcf.or.jp/toyosu/map.html
発表者 小林尚礼、参加者
会費   500円(学生無料)
主催  カワカブ会(bakoyasi@gmail.com)
今年3月に出かけた「春のブータン」の旅の報告。
カイラス写真上映と旅行説明会   終了 
日 時  2015年4月19日(日)10:00~12:00
会 場  東京都江東区 古石場文化センター 第1研修室
     (東西線 門前仲町駅下車徒歩10分)
      http://www.kcf.or.jp/furuishiba/map.html
会費   500円(学生無料)
話者  小林尚礼
主催  カワカブ会(bakoyasi@gmail.com)
今年6月に予定している「カイラス巡礼の旅」の準備を兼ねた写真上映会と旅の行程の説明。カイラスに関心のある方は、どうぞご参加ください。
小松健一写真展   終了 
日 時  2015年4月8日(水)10:30~18:30(最終日16:00)
会 場  東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービルMB
     リコーイメージングスクエア新宿(ペンタックスフォーラム)
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareshinjuku/access/
◆ギャラリートーク
  4/11(土)、12(日)、18日(土)、19日(日)15:00~16:30
講演会『カイラス巡礼とチベット仏教』   終了
日 時  2015年5月2日(土)14:00~16:30
講 師  田中 公明(チベット文化研究会副会長)
会 場  東京都中央区 浜町区民会館 7号室(浜松町駅下車徒歩5分)
      http://www.meccs.co.jp/shiteikanri/chuo/hall/hamacho.html
会費   1000円(学生500円)
主催  カワカブ会(bakoyasi@gmail.com)
チベット西部に聳えるカイラス山とマナサロワール湖は、仏教、ヒンドゥー教、ボン教というインド・チベットの主要宗教の聖地群についてとして、多くの信者を集めて来た。カイラス山とをその周囲の聖地群について、主としてインド、チベット仏教の立場から、その位置づけを見ることにしたい。
後藤 仁 「絵本原画展」   終了 
日 時  2015年5月1日(金)~31日(日)
      平日10:00~19:00  土日祝10:00~17:00
      月曜日休館   5/14(木)は入場無料
会 場  和歌山県有田郡有田川町明王寺37-1(JR藤並駅西口2F)
      「ちいさな駅美術館 Ponte del Sogno(ポンテ・デル・ソーニョ)」
      http://www.town.aridagawa.lg.jp/library/top.html
作画絵本『ながいかみのむすめチャンファイ』原画全20点と『犬になった王子 チベットの民話』原画全26点を展示。
◆5/10 10:30~12:00 ギャラリートーク、絵本朗読会、サイン会有り。
ドキュメンタリー映画『ケサル大王』   終了 
日時 2015年3月28日(土)~4月17日(金)13:10開始
料金 一般1500円 学生1300円 シニア1100円 UL会員1000円
会場 渋谷アップリンク(地図は下記詳細を参考)
◆『大巡礼』3月28日、29日、4月3日のみ11:30開始。
料金;1000円(続けての鑑賞の場合はプラス500円)
◆ゲストトーク 12:30~
3月28日(土)宮本神酒男 『宗教民族研究家のケサル』
 29日(日)麻田 豊  『ウルドゥー語教官とケサル』
4月 1日(水)後岡和代  『阿来「ケサル王」を翻訳して』
  3日(金)小林秀英  『僧侶 フリーチベット活動から』
  4日(土)ソナム・ギャルモ『チベットを想う歌姫』
  5日(日)野口リンジン『チベットを繫ぐ文化活動から』
◆詳細はアップリンクHP http://www.uplink.co.jp/movie/2015/36219
◆5月に大阪十三シアターセブンでの『ケサル大王』アンコール上映決定。
ラジャ寺の吉美堅賛福利学校と大曼荼羅祭について   終了 
日 時  2015年1月25日(日)15:00~17:00
講 師  田中 公明
会 場  練馬区立区民・産業プラザ COCONERI 3F 研修室3
      練馬区練馬1-17-1/TEL 03-3992-5335
会場費  2000円
昨年4月から5月にかけて、講師がラジャ寺で行った大曼荼羅祭調査の簡単な報告。

チベット関係のリンク
 チベット総合

 タンカ
  •  タンカ絵師 馬場﨑健二氏 のHP
         インド・ダラムサラにてチャンパ・ツェテン氏に11年間師事
         http://www.geocities.jp/babasakikenji2012/index.html
  • チベット文化研究会 タンカ・クラス講師 瀬戸敦朗氏 のHP
         He've just started a virtual exhib. "Abstract Mandala Complex 2000".
         Please check and join with your artwork at:
         http://www.cc.rim.or.jp/~atsuro/
  • チベット文化研究会 タンカ・クラス講師 ロブサン・ジャンパ氏のHP
         http://www.thangkacafe.com

 仏教

 文化

  • I LOVE TIBET 長田幸康氏のHP
          とても充実した内容の濃いホーム・ページです。
          http://www.tibet.to/
  • 国内外チベット関係サイト・リンク集( 長田氏のHP内のサイト集)
          国内外の主要なチベット関係サイトが殆ど網羅されています。
          http://www.tibet.to/link.htm
  • チベット音楽バンド 「カンチェン・ニェンダ」ホームページ
          おなじみの坪野和子さんが参加しているチベット音楽バンド!
          http://amalags.hoops.ne.jp
  • ニンマパブッディストモネストリー  <パルユルチュウコルリン>
          このHP作者の箸方氏は当会会員で、1年間インドのチベット寺院へ留学しました
          海外からリンポチェがいらっしゃると良くお手伝いもしていただいています。
          http://www10.ocn.ne.jp/~palyul/
  • 多羅庵
          http://www.didisworks.com/top.htm
  • レッサム フィリリ
          ネパール&チベット料理レストラン(高輪店・五反田店)
          「レッサム フィリリ」の扉を開けると、そこはネパールとチベットです。
          http://www.reshamfiriri.com/
  • ほびっと村学校 かわらばん
          http://www.nabra.co.jp/hobbit 
  • オカメインコの森・チベット学への招待
          http://tibet.que.ne.jp/okamenomori/index.html
  • ドッグクラブラサ・アプソジャパン.DLJ
          http://www.apsodog.com 

 政治

  • 中国地域別ニュース 中国情報局 Searchina 
          主に中国側から発信されたチベット関係ニュース集
          チベットの様々な現状を正しく分析・理解するためにも、中国側からの報道も
          知って比較する事はとても重要ですね。
          http://news.searchina.ne.jp/topic/213.html